お金を借りる

MENU

主婦が借りる理由は、生活費の補てんが多い

ほとんどが、生活費は夫が稼いで、家計の管理は妻が…といったパターン。意外と夫は自分の収入は知っていても、毎月どれか支出で出ていってしまっているのか、どんなことにお金がかかっているのかを知りません。それもあり、急な出費などでお金を借りなくてはいけなくなった…妻が消費者金融から借金をすることを知らない事も多々あります。夫に伝えたくてもなかなか伝えられずに、妻が一人でその重荷を背負ってしまうのですね。

 

この場合、うまく返済できればいいのですが、これが出来なかった場合。さらに借金を作ってしまうこともあり、気が付けば借金が最初の頃よりも増えてしまっていることも…。主婦に人がお金を借りる理由としては消費だけでなく、生活費を補てんするために…といった理由が多いの、ヘタをするとこうした負のスパイラルに陥ってしまうことも少なくないのです。

 

主婦に方がお金を借りる方法としては、クレジットカードでのキャッシングやカードローン。クレジットカードはいまやほとんどの人が持っているもので、数枚持っている人も少なくありません。カードローンは銀行でも取り扱っているので、常日頃利用するだけにその垣根も低いものとなっているのです。でも、どちらの借り方も、かかる金利はそう安いものではありません。借りやすいけど、返済する額が倍増しやすいのです。


お金を借りる方法はいくつもある

借金をする前には、それまでの家計を見直し、無駄な部分を省くようにしなくてはいけません。できれば、収入を増やす努力も必要でしょう。自分で家計を見つける事ができない場合は、お金のプロ…ファイナンシャル・プランナーなどに相談するのもいいですね。将来的な家計の見直しもできるので、相談することでお金への意識が変わるでしょう。

 

それでもどうしても借りなくてはいけない場合は、金利が安いところから借りる様にします。金利についてしっかりと比較検討し、借金にはどんな種類があり、なぜ金利がバラバラなのか…そういった知識も身につけるようにしましょう。

 

金利が一番安いのは、身内からの借り入れです。まずは、親兄弟から借りる事ができないか相談します。金利はもちろん、返済についても融通が利くこともあるので、真っ先に相談したいところです。ただし、借りたお金は返すのが大人。借りるにしてもしっかりと返済し、また無理のない範囲でお金を借りるようにしましょう。

 

また、公的融資であれば、これも金利が安いものとなっています。生活福祉資金貸付といったもので、他から融資を受けるのが困難な低所得者世帯に対してやってくれる貸付です。金利も比較的低く設定していますし、内容によっては全く金利がかからないものもあります。

 

他にも、生命保険の契約者貸付もあり、銀行や消費者金融以外からもお金を借り受ける事が可能となっています。どれを利用するか、自分の状況に適した方法を選ぶようにしましょう。また、お金を借りる際には夫に黙って勝手に判断するのではなく、相談して夫婦でどうするのか話し合う事を忘れないようにしましょう。