お金を借りる

MENU

お金は安易に借りてはいけない

借金はできれば作らない方が良いものですが、急な出費が必要となってしまった時などは、やむを得ず利用しないわけにはいかない事もあります。お金を借りるうえで手が出しやすいのが、クレジットカードによるキャッシングや消費者金融。特にこれまでお金を借りたことがない、初めて利用する人などは審査を通るのもそう難しくないかもしれません。ただ、こうした借金を作る前には、それなりのお金を借りる為の知識…というのを持っておかなくてはいけません。安易な気持ちで借りるのと、考えて借りるのではまったく違うのですから…。

 

お金を借りる必要がある…となったときにまず考えるのが、どれだけの金額を借りればいいのか、という事。今後の収支を考えずに借りてしまうと、後々困ることになりますので、どのように返済していくのかを考えたうえで借りる様にしなくてはいけません。意外とこれが出来ていない人が多く、借入額を制限する総量規制があるのもこのためといえます。

 

今を乗り切るためにと、クレジットカードに安易に手を出してしまう…つまりはキャッシングですが、借りる時は簡単に返せると思っても、いざ返済が始まったら難しいことに気が付いたということも少なくないのです。お給料が入っても、毎月の生活費でその多くが消えていきます。
借りる人というのは、もともと貯金がほとんどないから…つまりは貯金できないから借りる事になります。ということは、返済も難しくなってしまうこともしばしば…。お金に行き詰まってしまう人は、こうしたパターンにはまりやすいのです。まさに典型的なパターンといえます。


借り入れは良く考えてから

貸金業法が改正されたことにより、取り立て方法にも厳しいルールが適用されるようになりました。そのため、昔ほど取り立てて苦しむ人もいなくなってきたのではなでいしょうか。とはいえ、まったくなくなったわけではないので、支払いが滞ってしまうと催促はされます。
お金を借りる事は簡単でも、返済するのは大変です。スムーズに返済できている時はいいのですが、これが出来ないような状態になってしまうと大問題。債務整理などの何かしらの対策を考えなければいけなくなってしまいます。

 

返済がストップしてしまうと、まず電話やはがきで督促がくるようになります。督促のやり方については、賃金業者の種類などによっても異なってきますが、最初はそう厳しい取り立てはしません。ただ、滞納が続くことで厳しいものへと変化。電話も頻繁にかかってくるようになりますし、訴訟といった法的手続きを取られることもあります。

 

この取立てに関しては、「貸金業の規制等に関する法律」および金融庁が定めている「事務ガイドライン」にて規制されていますので、そう無茶なことはしてこないはずです。が、闇金などの、もともと社会のルールを無視している金融業者では、これもそうとはいえません。違法性に気が付いたら、すぐに警察や弁護士に相談するようにしましょう。

 

貸金業者も、返済に困るような事態になることを望んではいません。借りる際には、「たぶん返せるだろう」ではなく、きちんと返済計画をシュミレーションしてから借りるようにしましょう。