お金を借りる

MENU

光熱費の節約ポイント

光熱費といえば、電気とガス。生活の中で、最も消費電力が大きくなる家電と言えば、冷蔵庫・エアコン・照明です。ガスでは、お風呂とキッチン
これらの消費する部分をどう抑えていくか…それが、光熱費の節約において大きなポイントとなります。一人暮らしであれば実行するのもそう難しくないかもしれませんが、ファミリー世帯となると話は別。家族の協力無くておこなうことはできません。

 

では、具体的にどういったところに気を付けたらいいでしょうか?まずは、下記の事に注意するようにしてみましょう。

 

○冷蔵庫
冷蔵庫を開け閉めする回数を減らす。
設定温度は「」とし、夏以外は「低」にしておく。
詰めすぎは冷気の循環を悪くするので、適度に冷気が行き渡るように詰めすぎない
壁に近いと熱が逃げずに冷蔵庫を温めてしまい、余計に電力を使うことに…
そうならないように説明書などに指定されている間隔は必ず空けるようにする。

 

○エアコン
フィルター掃除は定期的にし、買い替える時は自動お掃除機能がついてるのがおすすめ。
カーテンを閉めて冬は冷たい空気が、夏は強い日差しが入るのをシャットアウト。
なるべく家族全員同じ1つの部屋で過ごす。
風量は「自動」設定に。
扇風機などを一緒に使う。

 

○照明
こまめに消す。
省エネ力も抜群のLED電球を使う。

 

○お風呂
なるべく続けて家族全員が入る。
体を洗っている時、お風呂には蓋を。
シャワーの流しっぱなしはしないで、使う際に出す。

 

○キッチン
ゆで野菜を作るのは電子レンジで。
コンロの火は鍋からはみ出さないようにする。
食器を洗う際のお湯は低温にし、食洗機を活用するとなお良し。


まずは基本プランの見直しから

水道代だけでなく、電気代にも固定費というのがあります。アンペア数と料金プランです。これらについての詳細は、済んでいる地域によってこと設定されているので、まずは自分の家の料金プランがどういった内容になっているのか確認する必要があります。

 

適用されているプラン内容がわかったら、それが自分たち家族の生活習慣に適しているかのかどうか…そこから検討してきます。例えば、昼間はあまり家族が家にいない場合は、深夜電力のプランに変更し、家事などは夜に集中してやった方が電気代は安くなります。

 

また、家電製品を買い直す際には、できるだけ省エネ設定されている製品を選ぶようにしましょう。すくない電力で仕事をしてくれるので、こんなに楽で確実は節約はありません。
ガスの節約では、鍋一つとっても変わってきます。熱伝導率や保温性の高い製品を選ぶと、少ないガスで事足ります。でも、熱伝導率や保温性が低い製品を選んでしまうと、ガスが余計にかかる事となるのです。これは光熱費だけでなく時間短縮にもなります。

 

日本の技術開発力は世界でもトップクラスとなっていますので、これを利用しない手はありません。「流行っているから…」「スタイリッシュだから」といった上っ面だけの理由で選んでしまうと、後々後悔することになるかもしれないのでご用心。