お金を借りる

MENU

男女別で違う、生涯給与の平均

働いている人にとって、自分のだけでなく同僚、友人などのお給料は大いにきになるところ。また、将来的にもどれくらいの上がっていくのか…誰もが気にしているのではないでしょうか。その答えは、厚生労働省が全国で実施した、性別や学歴、産業別にみた年齢ごとの平均給与を出した「平成25年賃金構造基本統計調査」から知ることができます。

 

この統計調査では、全体の平均賃金は29万5700円となりました。実施された年齢は20歳から69歳までですが、特に高額となったのが50歳から54歳まで。その金額は36万8000円で、一番低い20歳から24歳の19万5800円と比べて、その差が17万2200円もあるものとなっています。20歳から54歳までの年齢における平均金額は年々上がっていることになりますが、55歳から59歳までは少し金額が下がり、60歳以降はガクンとその差も大きく下がっている結果となっています。60歳前後は定年が関係してくることもあり、再雇用という形をとるところもあり…だからこそ、給料が大きく下がるのですね。

 

ちなみに、女性と男性ではちょっと違った結果となっています。女性の賃金が一番ピークとなっているのが45歳から49歳と、男性よりもちょっと早い時期。しかも、全体的に見ても、一番高い時と低い時の差が6万6500円と、そうかけ離れた数字とはなっていません。どの年齢でも、20万円台の金額になっているのも、男性とはかなり違うものとなっていました。こうした違いが出てしまったのは、女性は妊娠・出産などで一時的に仕事を辞める、もしくはパートタイマーとして働く人が多いことも影響しているからといえます。


最終学歴と職業別にみた平均給与

男女の違いで、生涯にもらえる給与にかなりの違いがあることがわかりました。では、学歴が違うと、どのような結果になるのでしょうか?統計調査では、「大学・大学院卒」「高専・短大卒」「高校卒」に分け、それぞれ年齢別での平均値を出しました。

 

その結果、大学・大学院卒の平均賃金が36万9600円と一番高く、高校卒は25万8200円と一番低いものとなっていました。高専・短大卒は26万7700円と、あまり高校卒と変わらない金額で、大学・大学院卒とはかなりの差があるものとなっています。このことから、学歴が高いほど、その平均賃金も高いことがわかります。

 

それぞれのピーク時はいつなのかというと、大学・大学卒は50歳から54歳で51万2100円。高専・短大卒は55歳から59歳で31万7300円。
高校卒は50歳から54歳までの30万3000円。

 

では、職業別に見てみるとどうなのか…8つの分野に分けて統計調査をおこなったところ、一番ピーク時の金額が大きかったのが「教育・学習」関係で、55歳から59歳までの51万4100円でした。逆に一番ピーク時の金額が低かったのが「宿泊・飲食サービス業」で、45歳から49歳までの27万2100円でした。職種でこんなにも差がでるのに驚きです。